郷人 15周年記念公演

写真(郷人)

先日行われた、会津を中心に活動しているよさこいチーム、郷人の15周年記念公演に行ってきました。

よさこいと言うと、私はよくお祭りで見かけるような鳴子を持って踊る踊りを想像していたのですが・・いい意味で想像を覆されました。
型にとらわれない、ストーリー性のある演舞はミュージカルを観ているようでした。

「会津魂~決意~」という演目には白虎隊に扮した少年たちが出てきたのですが、出陣の決意をし刀を持ち戦う姿、儚げでありながらも、みなぎるパワーに圧倒されました。
「会津魂~誇~」では八重の桜でおなじみの山本(新島)八重に扮した女性たちが力強く戦う姿が印象的でした。

また、郷人こめらという郷人の中でも小学生以下のグループもあり、大人とは一味違った元気いっぱいの演舞を見ることができました。

合間には市内・船橋市・水戸市のよさこい団体と川俣町の山木屋太鼓のみなさんも演舞を披露していました。

個人的には青森からきていたという篠笛奏者のお二人が、美しい音色を披露された後、話しだした途端に青森弁だったのが衝撃的でした。笑
トークもとても面白かったです。

普段なかなか聴けない会津民謡を生で聴く事もでき、3時間の公演中、最初から最後まで飽きずに楽しむことができました。
また次があれば観に行きたいです。

E.G