川の立体交差

宮城県松島町を流れる吉田川と鶴田川、高城川の交差部分を見に行きました。ここは川が立体交差している珍しい場所です。この立体交差施設は吉田川サイフォンと呼ばれ、昭和15年頃「湛水による被害を軽減し開拓を促進するため、付近の沼に集まる水を高城川に排水するため」に造られたそうです。自然災害の影響を軽減するため、このような技術が河川に施されているのですね。

I.G