雪が・・・

雪が・・( 国道401号 博士峠にて)
国道401号 博士峠にて

雪が・・( 国道401号 博士峠にて)
ミニミニ雪だるまを作りました。

現場作業の人間としては焦りが・・・
でも個人的にはスノーボードができる季節がきたと喜ぶ複雑な心境です。

S.G

博士峠で紅葉狩り

最近ずいぶんと寒くなってきた会津から紅葉の便りをお送りします。
会津で紅葉狩りというと、レークラインやゴールドライン。
土湯峠への登り坂、また柳津にあります福満虚空蔵尊などたくさんの名所があります。
この季節になるとたくさんの観光客の車がいっぱいです。
ところが有名ではありませんが、とても美しい紅葉が見られる場所はたくさんあります。

そのうちのひとつを今回はご紹介します。
博士峠で紅葉狩り
会津美里町と昭和村を結ぶ博士峠です。
現在の博士峠は冬になると通行止めになってしまいます。
積雪量がとても多く、また道路もカーブが多く危険だからです。
ですが、今年、ついにトンネル事業が動き出しました。
この事業が完了すれば奥会津の方達も平野部に出かけることが容易になります。
わが社でも関連業務で博士峠に行く機会が増えました。

こちらの写真はその時のものです。
博士峠で紅葉狩り
ここの紅葉はブナなどが多いため、紅ではなく黄色。
天気のいい日に走ると色づいた葉からの木漏れ日がキラキラして、とてもキレイです。
静かな山の中で深呼吸すると、とても清々しい気持ちになれます。
ぜひ、一度足を運んでみてください。

D.G

会津ラーメン巡りNo.19 よしのや食堂

本日のラーメン巡りは東山温泉の老舗「よしのや食堂」さんです。

CIMG3719

会津ラーメンらしい優しい味わいと、ジューシーなソースカツ丼が絶妙です♪

CIMG3721

紅葉の始まった東山温泉もいいですね。
大変美味しゅうございました。

S.O

TEL:0242-27-2341
住所:会津若松市東山町大字湯本字居平113

黒字招き猫

本社玄関を入ると黒猫が迎えてくれます。
室井東志生画伯・黒猫

題名は「秋気」。色づいた銀杏の葉と黒猫です。  
俗に黒猫は商売が巧くいくとも言われ(福猫と呼ばれた)、店舗などを営む自営業者が好んで飼う場合があるそうです。 

 
こちらは白い猫です。
室井東志生画伯・白猫

この日本画は故 室井東志生画伯の作品です。
室井東志生画伯・白猫
室井画伯の個展では招き猫として猫の絵が展示されていました。


A.G

初代海王丸の雄姿

初代海王丸の雄姿

平成元年に引退した初代海王丸を見に、富山新港にいってきました。
白く輝く船体と空と海の青のコントラストが、見る人たちの足を止めていました。
しかし、この白い船体、戦時中はなんと黒だったそうです。
たくさんの若人を育て、歴史を見てきた初代海王丸。いつまでもその雄姿を輝かしていてください。

でも、一番気になったのは、後ろに見える新湊大橋です。もちろん渡ってきました。
左右に富山の街並みを見渡しながらのドライブは爽快でした!
夜になるとライトアップもあるらしく、また違った表情が見られそうですね。

E.G

会津ラーメン巡りNo.18 ラーメン二郎

本日のラーメン巡りは9月21日にオープンしたばかりの「ラーメン二郎」さんです。

CIMG3593

東京で有名なラーメン二郎さん、熱狂的なファンが毎日行列をなしているわけですが、ここ会津でもやはり同様。開店前から並んでいます。(並んでから30分~40分程度で食事が出来ました。)

CIMG3595

初体験の二郎だったので、小豚、野菜・ニンニク少な目です。
普通のラーメン屋さんに比べて、小でもやはり麺は多く、そしてチャーシューも強烈。ニンニクもたっぷりです(笑)

スープは味が濃い目ですが、麺もスープもチャーシューも全て美味しかったです。
ご馳走様でした。

S.O

住所:会津若松市駅前町6-31

会津秋まつり 『会津藩公行列』

9月23日に 会津まつり一押しのイベント 『会津藩公行列』に行ってきました。

まるで幕末にタイムスリップしたかの如く楽しめました。

今年は、大河ドラマ(八重の桜)でご存知の綾瀬はるかさんも参加とあって・・・

いつもの年より更に盛り上がってたみたいです。 ほんとめごかったぁ~!!

これから会津は紅葉の時期を迎え、益々見どころ満載になります。

会津さ遊びに来てくなんしょ。(^^)

会津秋まつり  『会津藩公行列』
会津秋まつり 会津藩公行列
会津秋まつり 会津藩公行列
会津秋まつり 会津藩公行列

S.G

山の中にロケット?~角田市スペースタワー・コスモハウス~

角田市スペースタワー・コスモハウス宮城県南部の盆地に突如、ロケットが現れます。
これは宮城県角田市の「角田市スペースタワー・コスモハウス」にあるH-Ⅱロケットの模型です。

宮城県角田市で「明日の宇宙を拓くまちづくり事業」として最初に建設されたのが、このロケットの実物大模型です(平成2年7月完成 全長49m、直径4m)。
角田市には角田宇宙センター(JAXA)があり、ロケットのエンジン開発を実施しているそうです。

宇宙?あまり馴染みがありませんが、いずれ人類は日々、科学を進歩させ、宇宙の謎に挑み、解き明かすに違いありません。
宇宙だけでなく、仕事に向う姿勢としてバイタリティーとアイディアを是非、持ちたいものです。

角田市スペースタワー・コスモハウス
未来を創造しに「角田市スペースタワー・コスモハウス」を訪れてはいかがでしょう。

角田市スペースタワー・コスモハウス
http://www.city.kakuda.miyagi.jp/syoko/page00109.shtml

By C.G

千曲川の源流を訪ねて~「信濃川大河塾」~

8月30~31日と千曲川の源流を訪ねる「信濃川大河塾」に社長夫妻と山岸が参加してきました。
「信濃川大河塾」は、新潟水辺の会が主催する遊び心半分、学び心半分の誰もが参加できる1泊4食のツアーです。

今回の行き先は、信濃川中流部にあるJR宮中ダムと魚道、東京電力西大滝ダムを見てから牛伏川のフランス式階段工、江戸時代の五街道の一つ中山道、木曽路の奈良井宿の街並みです。

翌日は、千曲川の源流の一つである奈良井川を遡る予定でしたが、予定を変更して急遽、過日の7・9南木曽土石流災害現場を見ることになりました。

参加者の多くは災害現場を初めて経験し、川からの恵みも多いが痛みも伴うことを痛感したでしょう。
参加者による些少の見舞金を渡して一日も早い復興を祈りました。その後、犀川のダム群による無水・減水区間など見ながら帰路につきました。

image1
フランス式階段工:芸術作品を見ているような風景で、緑のドレスに19段の白いフリルが重なる階段工である
image2
階段工の美しさに見学者一同感動
image3
階段工の左右岸に遊歩道があり中程の飛び石で連絡できる。
image4
奈良井宿の街並みを地元ガイドさんから説明を聞く。
image5
南木曽土石流災害現場(梨子沢の護岸決壊箇所、応急の仮復旧)
image6
南木曽土石流災害現場で解説を聞く参加者
image7
南木曽土石流災害現場(住宅内の土砂搬出)
image8
南木曽土石流災害現場(梨子沢の三面張り護岸の決壊)
image9
犀川の無水区間

防災の日

9月1日は防災の日です。
近いところではつい先日、広島市で大規模な土砂災害が起きたばかり。
みなさんはハザードマップ、というものをご存知ですか?
洪水・津波・土砂災害などの災害が起きた際の被害予想マップのことです。
各自治体のHPなどに掲載されています。
(ちなみに、ハザードマップの作成のための調査は弊社のような建設コンサルタントが行っています。)

例えば弊社本社所在地、会津若松市洪水ハザードマップ:
http://www.city.aizuwakamatsu.fukushima.jp/docs/2009031200029/
福島県土砂災害警戒区域等指定箇所:
http://www4.pref.fukushima.jp/sabou/newmain.html

自宅・学校・職場の位置を平時に確認しておく事で、いざという時身を守る助けになると思います。
ハザードマップの他にも備蓄食料の消費期限や量の見直し、家族で避難場所の打合せをしてみるなど、この機会に準備をしておきましょう。

E.G