トンネル点検の作業風景

トンネル点検での交通規制風景

トンネル点検での交通規制風景

トンネル点検の現場です。
雪がなくていいですねー、でも、交通誘導員さんはとても寒いと言っておりました。
トンネルの覆工面に異常がないか点検していますが、大きなひび割れやうきなどはないようです。
車で通過すると気づかないかもしれませんが点検跡のトンネルには、いろんな文字や線が書かれています。今度、是非見てください。
けして、落書きではありません。
トンネル点検の作業状況

トンネル点検の作業状況

覆工コンクリートの叩き落とし作業

覆工コンクリートの叩き落とし作業

左の写真は剥がれ落ちそうな表面を叩いて落としている状況です。
もし、落下して通行車にぶつかり、大事故につながる可能性があるため、落としています。
なかなかの重労働です。

M.G

防潮堤でのボーリング作業風景

image2
防波堤でのボーリング作業

宮城県女川町でのボーリング作業です。
上の写真では青い空、青い海、一見すると夏の海に見えますが、真冬の海です。
現場は、2mを超す足場の上で、風速20m程度の暴風がビュービュー唸る中で作業していた。
心底冷えましたが、時折、近づいてくるカモメに癒された。

C.G

雪と火のまつり

2月14日。
国指定重要無形民俗文化財にも指定されている奥会津・三島町のサイノカミを見に行ってきました。

雪と火のまつり(三島町)

塞ノ神や斉の神などと書かれることもありますが、三島町では歳の神と書くのが一般的。
各地区でそれぞれの家から正月飾りを持ち寄り、それを燃やした炎で焼いたスルメや餅、団子を食べることで無病息災を願っていました。
また、前年収穫したワラで作る柱は五穀豊穣を願う意味もあり、子供のころは楽しみな行事でした。

昔は各地区で行っていた歳の神ですが、近年は伝統を広く知ってもらいたいとのことから、町民グラウンドを使用して高さ20mあまりの大きな歳の神を燃やしています。
お昼には団子さしもあり、子供たちが喜んで木に団子をさしていました。
青空に映える色とりどりの団子がキレイです。

雪と火のまつり(三島町)
雪と火のまつり(三島町)
雪と火のまつり(三島町)
そして、夜には子供たちの鳥追い行列と歳の神への点火。
鳥追いはなかなか物騒な歌ですので、こちらに載せるのは少しはばかられます(笑)
興味がある方は「三島町 鳥追い 滝谷」で検索するとご覧になれます。

最後に一つ注意点。
歳の神を見に行くときは、最初のうちは近づいてはいけません。
ワラを束ねた縄が焼き切れると、上から火が崩れ落ちてくるのでとても危険です。
柱が燃えている間は遠くから舞う火の粉を楽しみ…。崩れ落ちてから、餅や団子を焼きに行ってください。

D.G

那須サファリパークに行ってきました

週末に那須サファリパークに行ってきました。
那須サファリ
肉食獣はえさをもらえないことを知っているからか、
車に動じることなくマイペースに暮らしていました。

ところが草食のみなさんはというと・・
草食獣用のえさ(野菜)は入り口で買えるので、もらえるとわかっているのでしょう。
それはもうすごい勢いで車にぴったりくっついてきます。
しかし私、えさを買わなかったので窓を閉めたままにしていたのです。
すると・・

ジンキー
サイドミラーをがぶり。
この動物はジンキーといい、ロバとシマウマの夫婦から生まれた子です。
パーク内では動物が主に放し飼いにされているので、このような異種間での交配がまれにあるのだそう。

アカシカ
こちらは確かアカシカ。
写真ではとてもお上品な顔をしていますが、
この後自慢の角でドアに体当たりしてきました。レンタカー借りて本当によかった。

キリンに窓を舐められ、ダチョウにつつかれたりしながらも
普段見る事のない動物ばかりで興奮。
この時期、那須にも少し雪がありましたが、パーク内の移動は車なので
暖かく楽しむことができました。
次はナイトサファリに行きたいな~

E.G.

成田山新勝寺へ行ってきました。

恒例の成田山新勝寺へ昨年のお礼参りと今年のお参りに行ってきました。
今年で3回目です。
夜明け前、朝6時からの護摩焚きに参加し、
商売繁盛、全社員の健康をお護摩の炎に祈願し、新しいお護摩札をいただいてきました。
今年も良い年になること間違いなし。
成田山新勝寺

image2
朝のお護摩祈祷を終えてお帰りになる貫主(大僧侶)。

image3
成田駅から新勝寺へ向かう参道には干支の石造がありました。
ひとつだけ干支にない動物があるのですが、それは来年ご紹介したいと思います。

A・G

芦ノ牧温泉

芦ノ牧温泉の足湯に行ってきました。
芦ノ牧温泉 足湯
とても気持ち良かったです。

金精神社
金精神社
私の初詣!(ちょっと遅いけど・・・)

S・G

会津ラーメン巡りNo.22 ラーメン工房はちべぇ

本日のラーメン巡りは、千石通り沿いにありますラーメン工房はちべぇさんです。

CIMG4698
あいづ食の陣で紹介されていた「地鶏塩ネギラーメン」が気になり来店しました。

CIMG4696
非常に繊細な盛り付け。地鶏出汁なのでスープも透明で綺麗。
ピリ辛な味付けでさっぱりとしていながらパンチも効いています♪

CIMG4693
こちらは、一日限定20食の味噌ネギラーメン。
こちらも甘めな味噌がとても美味しゅうございました。

S.O

住所:会津若松市千石町3-35
TEL:0242-26-8033

自然の彫刻?

自然の彫刻?

甲子道路を白川方面に走行すると、突如現れるこの氷の物体!
砂防ダムから流れる沢水が次から次からと凍りついたものらしいです。
不思議なのが、中央右寄りの氷柱です。氷は盛り上がるのでしょうか?それとも他に何か原因が?
でも、今しか見ることができないものなので、時間があったら探してみてください。

image2

E.G

今年の雪

会津でとてもまとまった雪がたくさん降り、雪かきがとにかく大変な冬になっております。

会津の今年の雪

今年は本社でもお客様用の駐車場をなんとか確保してはいますが、雪を捨てる場所がなくなってきて雪が降ると気が気ではありません。

ちなみに本社の近くを流れる川が市内の雪捨て場になっています。

会津の今年の雪

この川岸には3mほどの河川敷があるのですが、そこも全て埋まり川の中にまで雪があふれています。
あまりにも雪が多すぎるので川の中にショベルカーが入り、少しずつ雪を崩して川の水で溶かしています。

会津の今年の雪

それでも次から次へと運ばれてくる雪。
街中では歩道と車道の間を雪の壁がさえぎっていて、とても視界が悪いです。

なんとなく雪が多いなぁと思っていたのですが、せっかくなので調べてみました。
気象庁で出している2014年11月1日~2015年1月21日までの累積降雪量は会津若松市で298cm!!
平年比では152%という大雪です。

ちなみに豪雪地帯で知られる奥会津の方では、南郷が累積743cm。只見が863cm。
南郷や只見ほどではない私の実家でも1階が雪に埋まってしまい、昼間でも明かりをつけて生活しているようです。

これから1月から2月にかけては雪がゆるみ、雪崩が発生しやすくなります。
雪山だけでなく、屋根の雪にも充分注意したいと思います。

D.G

いわき営業所管内 ボランティア実施

いわき市でボランティア活動を実施しました。
いわき湯本IC付近の清掃の様子です。

いわき営業所管内ボランティア実施

今回、空き缶、ペットボトルなどは数少なく、ビニール類が目立ちました。
缶、ペットボトルのリサイクルがすすんでいるのでしょう。
きれいな環境を保っていきましょう。

E.G