メンテナンス部門

メンテナンス部門

営業品目

以下のような幅広いニーズに対応します。

  • 維持補修に関わる点検・調査
  • CrackDraw21®+ビデオスキャンによる連続画像作成
  • ノンプラグインWEBビューア
  • GeoWeb

ビデオスキャンによる連続画像+CrackDraw21®

デジタルビデオカメラを搭載した車両での撮影計測

トンネル内部撮影
トンネル内部撮影
問題とされる箇所の正確な位置情報取得、工期の短縮、調査費用削減、維持管理の効率化を大幅に向上させるために、新たな調査点検手法で問題箇所の把握をご提案いたします。

竣工接40年経過のトンネル
竣工接40年経過のトンネル

構造物(トンネル等)覆工表面の測定に、テジタルカメラを括載した車両を用い調査を行います。
本システムは、簡易的な方法で画像取得することが可能で、早く正確に変状展開図を作成することができます。

計測方法は、トンネル内で走行速度10km(最高80km/h)で走行しながら、照明を覆工表面に照らし、ビデオカメラにより、ひび割れ等の覆工表面性状を画像測定します。
また、計測作業は1kmあたり半日程度で画像を取得することが可能となり、大幅に工期を短縮することを実現します。

さらに調査中は交通規制も勘案することを可能とします。
※トンネル幅員や交通量を考慮し、最適な交運規制で調査いたします。

CrackDraw21®での管理運用

maint3従来の目視スケッチをCrackDraw21®で
整理する方法からビデオカメラによる画像からトレースする方法を開発
本システムは綺麗な画像を作成するのが目的ではなく、いかに安く早く正確に変状展開図を作成できるかを目的としています。

計測により取得した各種データは、納期時に提供する、構造物調査支援・変状管理システムCrackDraw21®(ジーテック社製)ビューアで、情報をいつでも確認することができ、日々の維持管理および点検に大きく活用することができます。CrackDraw21®ビューア(ジーテック社製)はトンネルをはじめさまざまな構造物に適応させることが可能です。

※本システムの詳細については、http://www.gtec-ni.com/をご参照下さい。

CrackDraw21® 調査事例

トンネル他、ボックスカルバートや橋脚等、コンクリート構造物の亀裂などの変状調査結果事例です。視覚的に分かりやすくデータを作成いたします。

maint4
橋脚 3Dモデルは自由に回転表示が可能です
maint5
トンネル 変状展開図を作成
maint6
建屋 3次元モデルを透過させて表示

ノンプラグインWEBビューア(ビューアシステム)

クライアントマシンにプラグインをインストールする必要のないサーバーCGIシステムです。
表示用HTML(PHP・Javascript等を含む)ファイルも提供いたします。

maint7
CADデータWEBビューア
(対応ファイル:DWG・P21・SFC・DAN)
maint8
3DWEBビューア
(対応ファイル:3DS・CD2)

※CD2は弊社「CrackDraw21®」のファイル形式です。

GeoWeb(Web版業務データ管理システム)

「GeoWeb」は、地質調査をはじめとする業務データをマップおよびデータベースに蓄積するシステムです。本ソフトウェアはWeb上で動作し、ブラウザソフトでデータを閲覧することが可能です。

maint9

主な登録データ(ほとんどのデータはブラウザおよび無償ソフトで閲覧できます。)
基本ウィンドウ(マップ表示部/レイヤ切替部/データ検索部の構成)

maint10
電子納品データ
位置は自動マッピングされ、各種データ閲覧も可能
maint11
ボーリング柱状図
データは緯度、経度から、自動的にマッピングできます

MMSによる道路施設現地調査

MMS-S(モービルマッピングシステム)<※=R・W㈱社製>は、車両に計測装置として搭載し、走行中の車両の位置情報、レーザ点群情報、映像情報を取得、記録、解析する道路データ収集するシステムです。位置情報は、高精度GPS(FKP)技術を応用し高精度測位が可能とし、またGPS衛星が不可視の状態でもGPS IMU(ジャイロ)の複合により連続的にデータを取得することが可能です。
MMS-S(モービルマッピングシステム)

モービルマッピングシステムによる現地調査の利点

  • 工期短縮
  • 費用軽減
  • 正確な情報(位置や損傷程度)を取得

MMS-Sで道路等の現況把握を行うとともに、修繕計画や維持管理計画に役立てることが出来ます。また画像データで必要な箇所を事前に確認できることから、効率的な詳細点検(目視・触診)が可能となります。

計測結果事例

1. MMS搭載車両により取得したレーザ点群により、下記のような画像で情報を取得します。

図-5計測データ事例 3次元画像

図-5計測データ事例 3次元画像

2. MMSにより取得したデータと道路台帳図及び等高線の重ね合わせ事例

m6

3. オプション:取得した路面状況及び変状展開図 (凍上災害調査)

追加ビデオカメラ搭載可
m7

点検(情報取得)が可能な土木構造物

トンネル(シェルター)・道路(路盤)・橋梁・ボックスカルバート・スノー(ロック)シェット
道路標識(案内看板)・信号・電柱・道路照明等
上記の以外のあらゆる施設において点検することが出来ます。
また画像取得技術のほか詳細点検(目視・触診等)も対応も併せてご提案可能となっております。

業務実績

メンテナンスグループの業務実績は以下の通りです。

  • トンネル覆工画像撮影・診断業務/株式会社ネクスコ・エンジニアリング東北
  • 道路ストック総点検(トンネル)業務委託/福島県いわき市
  • トンネル点検業務委託/福島県
  • ボックスカルバート覆工画像撮影・診断業務/株式会社ネクスコ・エンジニアリング東北
  • 道路付属物点検業務委託/民間業務
  • 橋梁画像診断業務/株式会社ネクスコ・エンジニアリング東北
  • 砂防指定地等点検業務委託/福島県会津若松建設事務所